ストレッチでヒザのやわらかさを保ちましょう☆

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

老化は足から…と言いますが、筋力と同じくらい大切なのが、体のしなやかさ。ストレッチはとっても体にとって大事なんです☆

ストレッチは反動をつけず、よけいな力を入れず、手の力を使ったり体重をかけたりして、筋肉を伸ばす運動です。スポーツの前の柔軟体操や、終わったあとの整理運動としてよく利用されています。

変形性ひざ関節症の運動療法でも、筋肉トレーニングの前後に行うと、筋肉の緊張をやわらげるのに向いています。また、ひざが痛いと、日ごろからひざをかばうため、筋肉によけいな力が入っていることが多いので、それをほぐすのにも効果的です。

ただし、あまりひざを曲げられない人が、痛いのを我慢して行うと、よりひどくなる可能性があります。ストレッチは「少し痛いけど気持ちいい」と思える範囲で行うようにしましょう。

また、体がかたい・やわらかいという言葉があるように、体の柔軟性は人それぞれです。体が硬い人は、入浴中や入浴後などの体が温まっているときに行うと、よりスムーズにできます。

【太ももの前の筋肉を伸ばすストレッチ】

①一般的な方法…左側を下にして寝て、右手で足首を持ち、お尻に近づけるようにして20秒間静止する。反対側も同様に。

②ヒザが曲がらない場合…頭の下に手を当てて横になり、足先を持って、できるだけ曲げるようにする。そのまま20秒間静止する。反対側も同様に。

③ヒザが曲がらず、腰痛の不安もある場合…あお向けに寝て、片方にヒザを両手で持ち、できるだけ曲げて、おなかに近づけるようにする。そのまま20秒間静止する。反対側も同様に。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA