肩が上がりにくくなってきたのはなぜ??

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

肩の構造はとても複雑です。

胸骨に鎖骨が、鎖骨に肩甲骨が、肩甲骨に腕の骨が連結しています。

これらの骨を周囲の多数の筋肉が支えています。鎖骨や肩甲骨が連動して動くことで、腕は上下したり回転したりします。

肩を上げたり回したりしながら、もう一方の手で肩甲骨に触れてみてください。

肩甲骨がたくさん動いていることがわかると思います。肩甲骨の動きが悪くなると、肩の動きも悪くなります。

肩甲骨の動きをなめらかに保つには、日ごろからよく動かすことです。

しかし、パソコン作業などでいつも腕が同じ位置にあると、肩甲骨周りの筋肉があまり動かないため、リンパが流れにくくなります。そして、肩甲骨のまわりに老廃物がたまり、コリが発生します。それでさらに筋肉の動きが悪くなるという悪循環に陥るんです。

デスクワークなどの合間に肩を動かすだけで、筋肉の張りは改善されます!

できるだけ肘を肩より下げないように気をつけながら、肘を後ろに回します。左右の肩甲骨を引き寄せるイメージで、1時間に1回は動かしてくださいね(^-^)

肩が上がらない、肩を動かすと痛い。。。という症状を放っておくと、今度は腕や首や腰に負担がかかって重症化することもあります。お悩みの方は早めに当院までお越しくださいね☆

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA