寝違えにはこのツボ!特に午前中に続く不快さ、違和感を解消!!

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

寒くなってくると、「寝違え」で来院される患者様が、ちらほらといらっしゃるようになりました。

寝違えは、1種のねんざです。

わけもなく、寝違えることはなく、何かしらの体からの「危険信号」なのかもしれません。

寝違えたときは、やはり疲労がたまっている場合が多いんです。

自分では自覚していなくても、就寝中、無意識の寝相が無理な体制をしいていることもあるでしょう。体が疲れ、気持ちもなえぎみのとき、寝相が悪くなり、妙な姿勢をしていたためにスジを違えてしまいます。

心身ともに疲れをリフレッシュするツボを、マッサージしましょう。

【天容】…寝違えて違和感のある首筋。そのゆがみを癒しながらほぐす

耳の下、下あごの角の横にあるこのツボは、寝違えたときの、代表的なツボの一つ。

触ると、とどこおった血液の塊のような感触があるが、ここをもみほぐすといいでしょう。疲れたときや、頭がすっきりしないときに、静かにもんでもいいでしょう。

【落枕(らくちん)】…手の甲にあるツボ。

人差し指と中指の骨の間、骨と骨の関節にあるツボ。グリグリと関節を含めて押してみましょう。ここは、寝違えのツボとしては最もポピュラーな場所!よくマッサージすると、気分が落ち着き、高ぶりが鎮静します。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA