SPF値が50だからってアウトドアで油断していませんか⁉️

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

夏の海や山、冬のスキー場といった紫外線が強いところでは、いつも以上にしっかりと紫外線ケアをすることが大切です❗️

 

毎日使う日焼け止めは肌へのやさしさを考えて選ぶ必要がありますが、

アウトドアで選ぶ場合は紫外線から肌を守ることを最優先します。

 

強い日焼け止めは、毎日使うと肌の負担が大きいのですが、短時間なら、通常あまり大きなトラブルは起こりません。

 

万が一、多少肌が荒れても、後からケアできるはず。

でも紫外線をたくさん浴びたダメージは消すことができないのです💦

 

アウトドアで使いたいのは、SPF 30以上で、 PA + + +の日焼け止め。

乳液またはクリームタイプで、ウォータープルーフのものがお勧めです。

厚めに塗り、汗や水で落ちたらすぐに塗りなおします。

 

ただし肌が弱い人は、顔だけはノンケミカルでSPF 20ぐらいのものを。

日焼け止めを集めに塗り、パウダーファンデーションを重ねます。

 

紫外線吸収材は、紫外線の吸収量が限られているため、2時間程度で効果がなくなることも。こまめに塗り直しましょう。

塗る量が少ないと効果が低くなるので、顔はもちろん、首や腕、足など、日光を浴びる分分すべてにしっかり塗りましょう😊

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA