(明石市)汗が角質細胞をガタガタにする⁉️(敏感肌)

明石の大手口コミサイト1位の、すぎおか鍼灸接骨院です。

梅雨に入ったと思いきや、お天気の良い夏のような日が続いています☀️汗ばむ季節到来‼️

 

皮脂は皆さん気にされますが、汗もやっかいなことをご存知ですか❓

皮脂と違い、汗は蒸発して飛んでいくからあまり問題視されていないようです…。

しかし、汗をかくと、その汗が再び肌の中に入り込む性質があるというびっくり情報が‼️

 

汗は「表面張力が低いので、吹き出してもすぐに角質層の中に入ってしまう」んです。

 

実験で角質細胞を水の中にチャポンと入れると、お風呂に入って皮膚がふやけるのと同じように、水を吸って膨潤します。

しかし、乾くと皮膚の構造は元に戻らず、縮んでしまいます。

水は細胞間脂質であるセラミドの間に入ったり、細胞の声の間に入ったり。

水が蒸発すると、積み重なったレンガのように成立した角質細胞はガタガタに乱れたり、縮んだりして隙間ができます。

そこからセラミドも流出しやすくなり、うるおいスカスカ状態に💦

 

汗も同じです。

というより、水よりもっと角質細胞の膨潤させやすいので、バリア機能はさらに低下します。

だから真夏はプチ敏感肌になりやすいのです😥

屋外で汗をかき、室内に戻るとエアコンで一気に蒸発。

これを繰り返すのが原因です。

 

汗は、すぐにハンカチなので顔を抑えるようにして吸いとりましょう。

再吸収させないことが最大の解決策だからです❗️

その場合、ハンカチやフェイスタオルは水で湿らせ、軽く絞ったものを使いましょう。

乾いたタオル水分を吸収するけれど、汗の塩分までは吸いとってくれないからです。

 

敏感肌は汗の塩分に負けてしまい、炎症を起こすこともあるので、こまめに拭き取ってくださいね😊

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA