(明石)妊活中からタバコは控えた方がいい❓(不妊鍼灸)

明石の大手口コミサイト1位、すぎおか鍼灸接骨院です。

日本の女性は、妊娠がわかったら、お酒と同様に禁煙する方がほとんどですが、

「妊娠してからタバコをやめればいい」と妊活中はまだ喫煙されている方もいます🚬

 

「タバコをやめるとストレスになるから妊活良くない」

「タバコ吸っていても妊娠できている人がいる」という方もいます。

 

しかし、やはりタバコは妊娠に悪影響を及ぼします。

ニコチンが体に吸収されると血管が収縮し、当然血流が悪くなるので、卵巣機能の低下が起こるのです💦

 

その結果、生理不順や無月経、生殖機能の障害につながり、不妊の原因となってしまいます。

 

また、喫煙者の女性は非喫煙者の女性に比べて、妊娠能力が7割位しかないと言われています。

 

特に長期にわたる喫煙により、妊娠しにくい体質になってしまうのです。

 

卵子が早く消費されてなくなる、つまり卵巣予備機能の低下の原因の1つも喫煙です。

 

卵子の数は、お母さんのお腹の中の赤ちゃんが保有する数がマックスです。

出生後、月経が始まる前から卵子はどんどん消費されていき、初潮が始まると、さらに毎月の排卵とともに卵子も消費されていくのですが、その消費のスピードには個人差があります。

 

病気や遺伝子の異常、がんの治療、肥満などで早発閉経頃が起きる場合もありますが、喫煙も早発閉経を引き起こす要因となり、閉経して卵子がなくなってしまうと、当然妊娠できなくなります。

 

もちろん閉経する10年位前から妊娠率は著しく低下します。

日本人女性の閉経年齢はおよそ50〜52歳位です。

でも、30代や40代で子供が欲しいのに、すでに閉経状態になっている方もいらっしゃいます。そういった形がすべて喫煙者というわけではありませんが、子供が欲しい方は、妊活中から禁煙することをお勧めします。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA