(明石)妊娠前に、ぜひ乳がん検診を(不妊鍼灸)

明石の大手口コミサイト1位、すぎおか鍼灸接骨院です。

病院での乳ガン検診は視察・触診以外にマンモグラフィー、超音波検査といった画像診断を行い、乳がんの特徴的な所見の有無を判定します。

 

また分泌物がある場合はその細胞診を行います。

 

さらに何らかの病変が疑われる場合は、その部位のせんし吸引細胞診(細い針を使って病巣の細胞を採取し、検査する)、組織診(組織の1部を切除して検査する)を行い、確定診断を行います。

 

乳がんの治療は手術療法が主体ですが、初期の病変の場合は乳房温存が可能な場合も多く、予後もいいことが知られています。

 

しかし妊娠・出産・授乳期が重なった場合、乳腺がはっているため発見が遅れることがしばしばあります。

 

妊娠に合併した乳がんは進行が早く経過が良くない場合が多いと言われてきましたが、発見が遅れがちであること自体も予後の悪い原因です😳

 

すでに妊娠している場合、妊娠初期の乳腺のハリが軽いうちに視診・触診で異常の有無を調べることが大切ですが、乳頭への刺激が子宮収縮を起こす可能性、マンモグラフィーのようなエックス線検査は望ましくないなど、検査に限界があります。

 

乳がん検診は産婦人科ではなく外科で行うことになっている病院が多いので、受信の際には確認しておいた方が良いですよ😌

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA