(明石)一人の赤ちゃんを産むために必要な卵子の数は17個👶❓(不妊治療)

明石の大手口コミランキング1位のすぎおか鍼灸接骨院です。

一人の赤ちゃんを産むために必要な卵子の個数は、統計では17個と言われています( ・∇・)

 

若い方だと1回の採卵で20個以上取れる方もいますが、一般的には17個を確保するには何度か採卵することになります☺年齢が高いほど採卵できる数は少なくなります😓

 

そして妊娠を左右するのが卵子の質です👐卵子の質の定義は難しいのですが…例えば年齢が高くなるにつれて染色体異常の割合は高くなり、採卵した卵子のほとんどが染色体異常を起こしている場合もあります( ´△`)

 

その人の卵子の数は 母親のお腹にいた時に決まり、年齢を重ねるほど消滅していきます😭最近は、AMH (アンチミューラリアンホルモン)検査で卵巣内に残る卵子の数(卵巣予備能)がつかめるようになりました☺また誤解されやすいのですが、AMHは妊娠率とは相関しません(>_<)

 

年齢が若い方で、AMHが低くても卵子が採取でき、受精卵が得られれば妊娠率は高いです👶

 

つまり卵子は量と質が妊娠に影響するのです(・∀・)人(・∀・)

 

🌹明石の不妊治療は『はり+整体』の不妊体質改善🌹

https://sugioka777.com/%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E6%B2%BB%E7%99%82/

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA