(明石)お腹の赤ちゃんを守るために妊娠中の体は変化します✨(マタニティー整体)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸整骨院です。

女性の心や体の状態は、ホルモンバランスの変化と深い関係があります。

 

例えば女性ホルモンの代表としてして知られるエストロゲンは、妊娠後期になると分泌量が1,000倍にもなるのです。

 

その他、プロゲステロン、プロラクチンなど様々なホルモンも妊娠を維持したり、お産に向けて変化しています。

妊娠中に起こるマイナートラブルの多くは、こうしたホルモンの変化によるものなのです。

 

【実はお腹の赤ちゃんを守るための変化ばかり】

🔵毛が濃くなる

妊娠すると毛が濃くなる人もいれば、逆に薄くなる人も。これはホルモンの影響によるもの。赤ちゃんを守ろうとして、お腹周りが毛深くなることもよくあります。

 

🔵正中線が黒くなる

正中線は誰にでもあるものですが、妊娠するとメラニン色素が増えるので濃くなります。産後は、自然に薄く目立たなくなってくるので、あまり気にしないで。

 

🔵皮下脂肪がつく

妊娠中の女性の体は、まるで冬眠前の熊のような状態。つまり、万一食事が取れなくても赤ちゃんを育てられるように、体にたくさんの栄養を蓄えるのです。

 

🔵乳首が黒ずむ

乳首が黒ずむのは、ホルモンの影響でメラニン色素が沈着するから。メラニン色素には肌を丈夫にする働きがあり、産後赤ちゃんに吸われるため乳首を丈夫にしているのです。

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!
友だち追加

メールで相談

電話で相談


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA