(明石)逆子かどうかわかるのは、28週目ごろ☺❓(逆子治療)

明石の産前・産後の骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

お母さんのおなかの中で、赤ちゃんの頭が下を向いているのが普通ですが、上を向いている場合を「逆子」と言います

 

人間の体の構造上、頭から産道を出てくる場合は、産道のカーブにうまく適合しますが、足などから出るとなると、子宮壁と密着せず、先に破水をして臍帯(へその緒)脱出が起こったり、臍帯の圧迫が起こりやすいのです😣

 

お産の時期になっても逆子のままの場合、分娩が始まってからの帝王切開への切り替えはリスクが高いため、特に初産の場合は最初から帝王切開にすることが多いです。

 

ですから逆子と診断を受けた人には、エコーで確認しながら医師がお腹の上から赤ちゃんをくるりと回す「外回転術」をする施設もあります。また自分でできる逆子体操もあります。

 

四つん這いになって頭と肩をなるべく下げ、お尻を上に突き出したポーズをとり、そのままの姿勢を515分間保ちます。次にお腹の赤ちゃんの背中側を上にして横になります。

 

28週目までは、赤ちゃんが子宮に対して小さいので、1日のうち何回も子宮の中で上を向いたり下を向いたり、くるくる回っています🌀

 

ですが、30週目を過ぎた時点で上を向いていたら、逆子体操などをしないと下向きになってくれない可能性が高くなります😢💦ですので、逆子体操を試みるのは28週くらいから35週くらいまでにとどめます。36週を過ぎると、お腹が張ってくるので行わないのが普通です。ちなみに妊娠37週以降での骨盤位(逆子)分娩の頻度は35%とされています。

 

へその緒は結構長いので、へその緒が変に絡まったり、首に巻きついてしまっているために動けなくて上向きになっている場合は逆子体操をしても向きはかわりません💧

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!
友だち追加

メールで相談

電話で相談

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA