(明石)アレルギーのママは我慢しないで薬を適材適所に❗️(マタニティーケア)

明石の産前・産後骨盤矯正専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

ママがアレルギーで、妊娠中もアレルギー反応を抑える薬を手放せないと言う方もいるでしょう。

 

一般的に、妊娠4週5日から7週末までの『絶対過敏時期』だけは、薬物の使用には最新の注意が必要だと言われています。

 

しかし、喘息で使用されている吸入ステロイドや皮膚に塗る外用ステロイド薬は胎児に影響与えません。

抗ヒスタミン剤の中にも、妊娠中に使って問題のないものもあります。

 

薬を止めて症状を悪化させることの方が、胎児に悪影響及ぼすこともあります。

 

妊娠中のアレルギーの治療薬の使用については、必ず医師に相談しましょう🏥

 

 

アレルギー発作の中で、妊娠中に起きると1番怖いのは喘息です💦

 

咳の発作によって母体が低酸素状態になると、胎児も酸素不足になります。

 

酸素不足は胎盤の機能低下を招いて流産・早産や胎児発育遅延を引き起こします❗️

 

ですから薬を適切に使って、母体の喘息発作を抑えることが大事なのです。

 

妊娠中でもステロイドやB2刺激薬、テオフィリンは使用が可能で、胎児への影響も心配ないと言われています。

 

薬の影響よりも、発作が起きたときの方が怖いので、主治医の指示によく従いましょう。

 

 

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!
友だち追加

メールで相談

電話で相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA