肩こりについて 原因から改善方法を動画で解説

みなさまこんにちは!
本日は肩こりについてお話をしたいと思います。


肩こりとはかの有名な作家である夏目漱石の著書「吾輩は猫である」のなかで”肩が凝った”というフレーズが始まりと言われております。
そもそも”凝る”というのは状態を表す言葉ではなく感覚の言葉ですので類似語としてはしんどいや辛いと同義語になるかと思います。
ではその一般的に言われている”肩がこる”と言われる状態はどのようなものなのでしょうか?

肩こりとは

肩こりとは肩背部にある僧帽筋、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋や回旋筋腱板などの様々な筋肉が何かしらの原因で痛みを発生するものです。
特に多くみられるのが僧帽筋・肩甲挙筋・胸鎖乳突筋の3つの筋肉が原因になることがほとんどです。
主に肩こりを感じる筋肉は硬くなっていることが多く、炎症を起こしているケースもあります。
筋肉が硬くなると可動域といって首や肩の動く範囲が狭くなってしまうこともあり、首を動かすと痛みが増加するケースもあります。
炎症が起きているとじっとしているだけでもジンジンとした痛みや違和感を感じます。
肩こりの波及として自律神経系の症状や頭痛・頭重感を訴えられることもございます。

肩こりの対処法

肩こりの対処としては急性期・亜急性期・慢性期で対応は異なりますが手軽にできることがまずは温めることです。
蒸しタオルを当てたり、お風呂で肩までゆっくりつかるなどの対処法がありますがこれで改善できる方が50%ほどです。
逆に温めると痛みが増幅する場合もありますが、その場合は冷やしてみましょう。
氷水を入れた氷嚢などを辛い部分に当ててみてください。時間は約15分前後がオススメでそれ以上も以下も効果は薄くなります。
これで楽になる方が20%ほどです。
残りの30%の方は整形外科や整骨院などの医療機関で一度見ていただくことをオススメいたします。
内臓の疲れや、頑固の筋肉の緊張による痛みの可能性があります。

肩こりの改善方法

肩こり全般に効果のある体操

肩から首にかけてコリを感じる方の体操

肩から背中にかけてこりを感じる方の体操



かたこりでお困りの方は一度お試しください!

最後に

肩こりは万病の元とも言われているように肩こりは体全体に影響を及ぼす場合もあります。
大丈夫だろうと安易に考えるとかえって重症化した時に長い間悩まされることもあるでしょう。
早めの受診をお勧めいたします。

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!
友だち追加

メールで相談

電話で相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA